制作過程 - 「つれないあのこ/2013August」

元記事はこちら 

note.mu

F8号キャンバスにアクリル絵の具で描いています。メイキング解説(画材の説明とか)というより、ざっくりと制作過程を追ったもののまとめです。なお、原画完成時の画像以外は色調補正などをしていないため、色味がかなりくすんで見えますのでご了承ください。

 

F8号キャンバスにアクリル絵の具で描いています。メイキング解説(画材の説明とか)というより、ざっくりと制作過程を追ったもののまとめです。なお、原画完成時の画像以外は色調補正などをしていないため、色味がかなりくすんで見えますのでご了承ください。

 

 

 1.下塗り: 今回はピンクベースの絵にしようと思っていたので、反対色の緑や青などを使って下塗りします。私はアクリルの場合もかなり水を使って描くので、キャンバスは水がなじみやすいようにやすりがけをしたりなどして下処理したものを使っています。

 

 

2.下塗り2回目: 更に下塗りします。わざとムラを出すように絵の具を置きます。

 

 

3.全体のベース色を塗る: こうしたいなーって色をとりあえず置いていきます。この時点ではあまり塗り込まず、下塗りの延長くらいの感覚でラフに色を乗せます。

 

 

4:テクスチャ用のコラージュする: 絵によってやり方は変わりますが、テクスチャとしてコラージュしたりします。手で塗っただけでは出せない偶然性のある質感が好きで、アクリル画の場合はちょこちょこやります。この時は自分のイラストのポストカードを使いました。まあ、最終的に全部塗りつぶされちゃうんですけど。

 

 

5.コラージュを画面になじませる: そのままだと浮くので、上からジェッソや絵の具を塗ってなじませます。人物などの塗りと並行してやっていくと、背景だけ浮いたりすることが少ないように思います。(というか、ここまでがほぼベース塗りですね。。)

 

 

6-1.人物の塗り: 一通りのベース作りが終わったら、まずは人物を塗っていきます。肌と髪の毛を塗るのがすきです。

 

 

6-2.背景の塗り: 6-1と2はほぼセットで行っています。うっかり人物に焦点が行きがちなので、時々離れて見て全体を確認し、背景の塗りを並行してやるようにしています。

 

 

7.主線の描き起こしと色相環の塗り: 必要に応じて主線を描き起こします。あんまりはっきり描いてもなじまないので、塗りの延長として一部を濃くする、といったイメージです。色相環は部分は目立たせたかったので、くっきりとするよう最後に塗りました。

 

 

8.仕上げ塗りとコラージュ: 差し色を入れたり蛍光色を入れたりして仕上げ塗りをします。塗り終わったらシールなどでコラージュします。全工程が完了したらグロスポリマーメディウムを塗ります。てっかてかです。

 

 

原画はさっきの時点で完成ですが、webにアップするために、写真に撮って色調補正をします。なるべく原画に近づけていますが、蛍光色やラメを多用するためあまり原画との互換性はありません・・・ 以上でおしまいです!  

Copyright© 2012-2016 Chu-cool. All Rights Reserved.