柿とかぼちゃと [パステル画教室 4回目]

前回は柘榴を描くので精一杯でした。

chmn.hatenadiary.jp

ので、今日はその続き。柿とカボチャを描きました。

パステル画4

柿の丸みがいい感じです。

 

最後に先生がちょちょっと手を加えただけでぐっと良くなりました。

(つまり先生のおかげ)

 

私は丸みを出す際に、単に丸い形に添ってハッチングしてみていたのですが、

そうするだけだと意外にも単調になってしまうようです。

先生がやったように、一番手前にある面を思い切って塗りつぶすことで、

逆にでっぱった面が目立ち丸みが出るように感じました。勉強になります。

 

ハイライトも、入れ方一つで遠近感が変わりますね。

特に葉っぱなんかは、どの方向に向いてるかを表現するのが難しくて、

うまくハイライトが入れられませんでした。修行ですな。

 

 

でも、全体に対して言えるのは、ザクロより断然描きやすい ということですね。

うん、前回はほんと無謀すぎましたね・・・

 

 

ちなみに教室はこんな感じ。

 

パステル画教室

 

生モノは日によって状態が変わるので、その時だけ表情を描けるのがおもしろいです。

今日だったら芽が出たタマネギがおもしろかったなー。

次は何を描こうかしら。

 

 

先生からは、私の描く物に対して「イラストもいいけどこういうのもいいよね」と言われました。

たしかにこういう写実的な静物画も楽しいです。

でも今のままの私の静物画じゃ、ちょっと物足りなくて。まだまだ未熟なので。

 

ここで学んだことを上手く咀嚼して、自分なりにイラストや雑貨にも応用していけたらいいなと思います。

 

 

 

もしかしたら来年5月あたりの発表会に出展するかもです。

それまでに、もうちょっと上手くなれたらいいな!

一つ一つを描き上げるのはもちろん、構図ももうちょっと考えられるようになりたいです。

(今回のは明らかに右に寄りすぎた)

Copyright© 2012-2016 Chu-cool. All Rights Reserved.