一時のブームで終わらないといいよね

きっとわたしは、いずれまた平和ぼけになっちゃうと思う、というのが、正直な気持ち。

ので、長いスパンで募金していけるシステムの力を借りようと思った。

 

被災を免れているので、びっくりするくらい、嘘みたいになにもなかったかのように平和な街。

いつも通りに人々が街を行き交い、買い物し、子供たちの遊ぶ声が聞こえてきます。

私の近所では過剰な買いだめなども特に見られず(お水だけは無くなってるお店もあったけど)、本当に、至って普通。

 

特にこれを不謹慎だ、とも、思いません(私は)。

私が言うことではないかもしれませんが、

通常の生活を送れる私たちが、働くなり消費活動を行うなりして経済を回して行くことも大事だと思うので。

個人的な意見ですが、過剰な自粛ムードになって、日本全体が暗くなるより余程良いのではないかなと。

 

 

でもこの平和さ、きっと数日したら私自身の中でも地震の事が風化していくんだろうな、

と、正直なところ思います。それが、ちょっと怖い。

 

一度は募金もしたけど、これもそのうち、この一回で満足してしまうんじゃないかとも思う。

 

なので、Yahoo!ボランティアの、毎月定額の募金を自動で引落ししてくれるサービスを使ってみた。

少額ではあるけど。でも、忘れずに、長いスパンで募金していける。

(それに一度にドンと大きなお金を出すことは難しいし^^;)

Yahoo!ボランティア 緊急災害募金

Yahoo!関係者を名乗る募金詐欺が発生しておりますので、Yahoo!トップページ上部からお入りください

 

 

私は毎日抗うつ薬を飲んでいるので、いざ献血の呼びかけが始まったとしても、血は提供できないし、

ボランティアの知識も無いから、ヘタに動きたくもない(絶対迷惑かけると思う)。

結局餅は餅屋で、復旧・復興活動はプロに任せた方がいいんじゃないかと個人的に思ってるので、

できるのはやっぱ、募金で間接的にプロの活動を支援することかなーと思ってます。

 

 

今は相当関心を持って地震の情報を仕入れたり(この先あるであろう東海地震のためにも)、

現地の方たちのことを考えて胸を痛めていても、

私はこの先、被災地外のいつも通りの平和な空気にまた慣れていって、いつしか普通の生活がまた当たり前になっていくんだと思う。

 

 

実際、私は震災したことが今まで一度も無いので、もしかしたら風化するのも早いんじゃないのかなと思ってたりもします。薄情かな。

被災を免れたんだから、今生きている感謝の気持ちを忘れずに、とも思うけど、やっぱり慣れって怖いもので、

いつかは平和な日常が「あたりまえ」になってしまう。感謝することを忘れるくらい、至極当たり前に。

 

 

平和な雰囲気に浸かっていると、あたりまえのことを、常に、これはあたりまえのことではないって思い続けるのって、本当に実感として無い限り、結構難しいと思う。

 

うつ病を経験して、心が健康であることのありがたさを常々感じてはいるけれど、

それですら元気な日がずっと続くとそれが普通になってしまって、やっぱり忘れそうになることがあるもん。

経験したことですら、わたしはこの様。だから経験してないことは、結局私にはわからない。

 

 

なので、確実に役に立つであろう義援金を、オートマチックなシステムに頼って、

信頼できる機関に定期的に提供していければなと思いました。

そしてそのお金を、私のような素人ではなくて、確実に救済活動や避難生活に役立ててくれる人たちに使って貰いたい。

 

今現在、力になりたい気持ちであることは間違いないので。

 

 

そんなわけで、募金という形で支援を行いながら、私は私にできる自分の生活をまた送り、

落ち着いた状態で今後の動向を見守っていきたいです。

創作活動や洋裁の勉強も再開します。

 

被災地の方々の無事を願う気持ちに変わりはありませんが、

まずは自分がいつもの生活をできるようになって心落ち着いた状態でいることが、

いずれ必要な時に適切な支援をできるようになるんじゃないかと思います。

 

地震発生直後は、誰しも支援したい気持ちでいっぱいで当然。

でもこれを、一時のブームで終わらせず、息長く続いていけばいいなと、僭越ながら思います。

 

非被災者である以上、せめて冷静にいることが、今は一番の支援になるんじゃないかな。

素人知識で情報をかき乱したり、

正式な要請や勧告の無い中、救助や避難生活の妨げになるような行動を取ることが、

この非常事態には一番の悪影響だと、私は思います。

 

 

以下拍手コメントです。

 

 

ゆきだるまさん>

情報がお役に立てたようでなによりです。一日も早い復旧と復興を心より願っております。

Copyright© 2012-2016 Chu-cool. All Rights Reserved.