パッチワークキルトのこたつマット

1月からせこせこ作っていた、スクエアパッチのこたつカバーがようやく完成しました。

心の中では"春待ちキルト"と呼びながら作っていたんですが、立春過ぎてしまったよw

IMG_2957-gimp.png_effected

 

ピーシングはずれずれ、キルティングでは小さなタックが入ったりヨレたりしてるので、

これ以上寄って写真撮れません(笑)

ちなみにミシンパッチです。重さでうまく布を送れないので、けっこうしんどいです。

ミシンならでかいものも作れるかも?!と思ったわたしが浅はかでした(゜▽゜)

 

色味が鮮やかでマルチカラー、そして昭和的なダサかわいい感じのが欲しかったので

(イメージは陸奥A子さんの漫画の中にありそうなインテリア、のつもり)

それをめざしてつくってみました。

 

 

これ、元々はこたつカバーの予定だったんですけど、

考えてみたらマットのぼろぼろさがあまりに激しいので急遽マットにしました。

 

ほんとは別でマットも作りたかったんですけど、作ってるうちに冬越しちゃいそうなので、

今回作ったカバーをマットに代用し、

手持ちの幅広の綿生地(白)でこたつ用のテーブルクロスを作り(カバー代わり)、

その上に、大きめの麻のランチョンマットを敷いてしのいでます。

 

(けどこのランチョンマットはレースがじゃまだったので、結局撤去したという)

 

 

んでもこれもとりあえずの間に合わせなので、今うちのこたつは相当合ってない感が漂ってます。白が浮きすぎで・・・。

 

せめてステッチくらい入れたいなーとか思ってます。東欧風なレトロな感じで。

ステッチが大変ならテーブルランナー敷くとか?

 

うーん、テーブルコーディネートは難しいですねえ。

Copyright© 2012-2016 Chu-cool. All Rights Reserved.