ハム先生の本でお勉強

この前購入したハム先生の「人体のデッサン技法」という本を使ってお勉強。

ルーミス先生の本だけでは、自分では理解できなかった部分が確認できて良いです。

 

顔(女性)の練習。

101107 004

 

鉛筆を寝かせて描く練習。

101112

 

素描の練習になります。このパートをやるまでは手軽なシャーペンで描いてたのですが、やっぱ鉛筆の方がいいんだなと再確認しました。

イラスト描くときもシャーペン使うことが多いのですが、私は骨人間から描くよりも、

シルエットをなんとなく描いてからそこに合うように骨人間を配置することもあるので、

鉛筆を寝かせて描くといいんだろーなーと思いました。

デジタルのときも、ラフのラフは、太めのペンがすき。線があいまいだから。

はじめから線を決めちゃうと、9割方失敗するので^^;

 

 

眼の練習。

101112 001

 

101112 004

この気持ち悪いのは「眼の輪」。本に載っていたので、参考にして作ってみました。

画用紙で作った同心円が2枚重なっていて、上の円に目、下の円に輪郭・鼻・口が描いてあります。

この円を回すと、いろんな顔立ちをシュミレーションできるというわけです。

私の場合、個別に描いているときは、微妙にしかパーツが変わっていないと思ってしまいがちなのですが、

並べて、他のパーツと組み合わせてみると、びっくりするぐらいいろんな人相が出てきます。

めんどくさいなーと思いつつも作ってみてよかったなと思いました。

 

101112 003

 

今日は眼のパートまで、と思ってやっていたら、スペースが余ってしまったので、

ポーズカタログのポーズを模写してみました。この本ずいぶん昔に買ったんだけど、ちゃんと使ってなかったので、これからは活用していこうと思います。

 

人体のデッサン技法

人体のデッサン技法

 
新ポーズカタログ〈1〉女性の基本ポーズ編

新ポーズカタログ〈1〉女性の基本ポーズ編

 

Copyright© 2012-2016 Chu-cool. All Rights Reserved.