身体とお尻を練習してみた。

ルーミス先生の「やさしい人物画」と、pixivで公開されている講座(記事末尾にリンク)を参考に、身体とお尻の練習をしました。

 

101029 001

[pixiv] 体の描き方1[pixiv] 体の描き方2参照

 

これ、やってみて気づきました。

よく、丸を3個繋げて胴体にして~(今回参考にした講座ではりんごとされています)

というような描き方がありますが、

私、普通に頭身を区切って描いたときと、胴体を丸にしたときとで、

パーツの位置がどこになるかがちゃんと把握 で き て な か っ た

 

そうだ、だから腕がヘンなところから生えているような不思議な生き物が出来上がってしまったりしてたんだ。

 

 

101029

「新・ファッションデザイン画テクニック」参照

(↑これはデザイン画用のモデルなので、デッサンには不要な案内線も入っていますので悪しからず)

 

つまり、私がどこを理解していなかったのかというと、

○全身を8頭身とした場合に、どこにどのパーツが来るのか

×胴体部分を全部で3頭身とした場合、どこにどのパーツが来るのか

これのすりあわせが出来てなかったというわけです。

 

1枚目の画像の右上に小さく図が描いてあるのですが、

頭頂部から測った等身の数、首の付け根から測った頭身の数のラインです。

(首の付け根は、肩へのゆるやかな坂ができる地点とします)

 

すると、青と黒は一致せず、およそ1/4等身分下にずれている状態になっていることがわかります。

なので、それを考慮に入れてパーツを描いていくと狂わないというわけです。

混乱しないなら新たに目印を決めてもいいかもしれません。

一番目の○の、上から1/4頭身程度下がったところの丸の外側に肩の関節、

二番目の○の、下から1/4のラインをウエスト・・・という感じで。

 

101029 002

[pixiv] 体の描き方3[pixiv] 個人的な尻(股関節)の描き方参照

 

それを踏まえて3体。

たぶんみなさんすりあわせができてるんだろうなあ~

私は両者が一致してませんでした;しょ・・・初歩の初歩ですよね;

 

だから、胴体部分だけ出てくると、途端に描けなくなってたんだと思います。

直立や多少傾いてるくらいなら、等身から割り出して描けばいいけど、

ひねりとかを入れたい場合は、こっちも使えた方がいいもんね。

もっと描けば、手が覚えてくれるのでしょうが、カンで描くとまだ一部長くなったり短くなったりするので、

まだまだ基礎を固めていこうと思います。

 

 

 

そして、日々の30秒ドローイングで苦手だ苦手だとわめいている「お尻」。

こちらも講座を見て勉強しました。

 

101029 004

[pixiv] お尻の描き方参照

 

描き方を見てみても難しいんですけど・・・慣れですかね;

これと、りんご3つで描く胴体とを組み合わせれば、描けるってことでしょうか。

 

101029 003

[pixiv] 個人的な尻(股関節)の描き方参照

 

こちらは講座では簡略化した骨盤のみが描かれていたので、骨格はルーミス本で確認。

 

セクシーなお尻への道のりはまだまだ遠いですが、なにも考えずに描いていたときよりかは、

形をとらえやすくなった気がします。骨って大事ね。

 

 

 

参考にさせて頂いたのはこちらの記事です。ありがとうございます。

www.pixiv.net

www.pixiv.net

www.pixiv.net

www.pixiv.net

www.pixiv.net

www.pixiv.net

 

やさしい人物画

やさしい人物画

 
新・ファッションデザイン画テクニック

新・ファッションデザイン画テクニック

 

 

Copyright© 2012-2016 Chu-cool. All Rights Reserved.