1点透視図法の勉強

今日は1点透視図法の勉強をしました。

 

101024_001

 

フカンはアイレベル(EL)が上に来て、アオリはELが下に来る。

消失点(VP)はEL上に来る。

 

 

一点透視図法を用いて、奥行きのある廊下を描く。

101024_003

何が手前に来て、何が奥に引っ込んでいるかを意識しながら描いていくと、

生き生きした廊下になる・・・気がします。

 

一本のパースラインに沿ってそのまま窓やドア、梁などのパーツを描きがちなので、

少しずつずらしてやると、立体感が出てよりリアルになるのではないかと。

 

一点透視図法を用いて教室を描く。(左上)

101024_004

フリーハンドでのラフですが、パースラインを意識すると、奥行きのある教室風景を描くことができます。

机や椅子などの小物類は今後要観察ですね。比率がいまいちわかりません。

 

右の絵は一点透視でのEL上にいくつも消失点を取ることで、曲がりくねった道(?)を描いたもの。

アイレベルさえ守れば、一直線の道以外の道や川も自在に描けるようです。

 

 

一点透視図法による「分割」

101024_005

 

「分割」で窓とタイルを描く。

101024_006

パースのかかった分割では、ペンを変えずに描いていくと「何等分までやったか」がわからなくなってしまったので、

最初の二分割の位置に、halfとマークしておきました。

(これ一度描き直してるんです。わけわかんなくなったので。)

印をしておくことで、あと何分割すればいいかがわかるようになります。

 

一点透視図法による「増殖」

101024_007

決められた範囲を等分に分割するのが先ほどの「分割」。

「増殖」は、決めたユニットと同じものを無限に増殖していく手法。対角線がミソ。

増殖させたい位置を任意に決めて、そこにだけ増殖させることも可能。(右下)

 

 

できれば一日一背景も実行したいところです。欲張りすぎかな?

 

 

ゼロから学べる!パースの基本 (ナツメ社Artマスター)

ゼロから学べる!パースの基本 (ナツメ社Artマスター)

  • 作者: ハードデラックス
  • 出版社/メーカー: ナツメ社
  • 発売日: 2010/01/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • クリック: 4回
  • この商品を含むブログを見る
 

 

Copyright© 2012-2016 Chu-cool. All Rights Reserved.